top of page

学生の行動規範のガイドライン

学生は学校の規則と方針を守り、提供されている教育現場、教師やクラスメイトに対して敬意を払うことが求められます。もし学生の行動がクラスでの妨害となる場合、その学生は退室を求められ、その後欠席として記録される可能性があります。妨害行為に含まれる例として:授業中に他の生徒と話すこと、携帯電話に応答すること、テキストメッセージの送受信、頻繁に、または長時間のクラスの離脱、居眠り、講師や他の生徒への無礼な態度、クラスでの母国語の使用、クラスに関係のない活動などが含まれます。学生はまた、IEP(集中英語コース)の内容および学習環境を尊重するべきであり、それには教室や廊下でのクラス前後の行動も含まれます。学生は、ビジネスや高等教育機関での振る舞いと同様に自己の振る舞いを保持してください。

学生行動規範およびルール

学生はアルコールの使用、薬物所持、窃盗、性的虐待や暴行、言葉による虐待、学業における不正行為など、多くのトピックに関連する規則に注意を払う必要があります。以下の規則をよく読み、もしわからない箇所がある際は教師や学校スタッフにお尋ねください。これらの規則には誠実さ、尊重、責任の三つの主要な領域に分類されています。もしクラスでの行動がいずれかの行動規範の違反であると判断される場合、学生は「クラス内での行動と学業誠実性に関するガイドライン」の用紙を受領します。

(1) 誠実さ: これは、正直で公正な行動を心がけ、自分の品格やキャラクターをより良く表現する生き方を指します。逆に、嘘をつく、盗む、物を破壊する、不正行為をする、自分を偽る、学校の施設を不正に使用するなど、不誠実な行為はこれに反します。

 

(2) 尊重: これは、他者が安心して生活し、学校の教育理念を推進する権利を大切にする生き方を指します。逆に、身体的・言語的な攻撃、威圧、嫌がらせ、教育や学校の活動を妨げる行為、教員や学校管理からの指示に従わないなど、尊重に反する行動は無礼となります。もしも学生のクラス内での振る舞いが教師や他の生徒のあいだで問題になった場合、学校ディレクターがその学生と対話し問題を共有いたします。

 

(3) 責任: これは、学校やコミュニティに良い影響を与える生き方を指します。逆に、薬物や他の違法な物質の使用や配布、財政的な義務の怠慢、違法なアルコールの配布、そして違法な銃器の所持など、無責任な行動は避けるべきです。以下は問題を避けるための一部のガイドラインです。これらの行動に参加することは、NYC グローバルセンターからの除名や刑事告訴につながる可能性があります。このリストは一例であり、完全ではありません。

  • 学業不正:他の学生の作業をコピーする、または試験を代行者に頼むなど。

  • 出席不良:授業に出ない、いつも授業の開始時間に遅れるなど。

  • 不正行為:試験中に他の学生の答案を覗き見する、メッセージを送受信するか、携帯電話や電子デバイスを使うなど。

  • 失礼な態度:講師が話している最中に他の学生と話す、授業中に騒音を立てる、音楽を聴くなど。他の学生やNYC グローバルセンターのスタッフに無関心、無礼、または失礼な態度をとることも含まれます。これには学校内での乱暴な行動や対立的な態度(どんな混乱や敵対的な行動も)も含まれます。

  • 盗用:インターネット、クラスメートのレポート、印刷物などからアイデアを盗み、出典を明示しないままそれを自分のものとしてエッセイやプレゼンテーションで披露すること。

法執行機関(市または州警察)が関与する問題:

​​

- 違法薬物の所持:大麻、エクスタシー、コカインなどの違法な薬物を購入、保管、使用すること。 アルコール:飲酒運転、未成年者にアルコールを提供する、公共の場での放尿、公共の場での酩酊など。

- セクシュアルハラスメント:望まれない触れ回しや示唆的な言葉、誰かに対する不快で持続的な注意など。

- 性的暴行:非同意の性行為、誰かを性的に強制することなど。

- 危険な運転:速度違反、掲示された交通標識や信号の無視など。

- 暴行:けんか、武器を使用しているかどうかにかかわらず他の人に攻撃を加えることなど。

- 窃盗と破壊行為:公共または私有の財産を盗む、破壊または汚損させること。

 

(4) その他の受け入れがたい行為

  • 学校で英語以外の言語を意図的または慢性的に話すこと;

  • 授業に必要な教科書や他の必要な教材(例:紙、ペン、鉛筆など)を持参しないこと;

  • 授業中に携帯電話や他の通信機器を使用すること(授業中は、携帯電話を切ってください);

  • いかなる目的であれ、いつでも、学校内外で同級生やNYC グローバルセンターのスタッフに対して脅迫、威嚇、または強制すること;

  • サボタージュの行為に従事すること;学校の財産や他の学生や従業員の持ち物を過失により破壊または損傷すること;

  • 事前に学校の管理部からの許可がなく学校の施設や備品を無断で持ち出したり使用すること;

  • 学校内でくじ引きやギャンブルを行うこと;

  • 学校の電話、ファックス、コンピュータ、事務用品など、学校側の承認なしに使用すること;

  • 指定外の場所や時間外で喫煙すること;

  • 学校の承認なしに校内において掲示物を張ったり、取り外したり、変更したりすること;

  • いかなる理由であれ、学校内で募金を募ること、販売すること、または集めること;

  • どんな種類のペットでも学校に持ち込むこと;

  • 学校内でコンピューターラボや学生の個人のコンピューターを使用し、他者が不快に感じる可能性のある性的に露骨な、暴力的な、またはその他のコンテンツを閲覧すること;

  • 学校のコンピューターシステムに影響を与える可能性のある、アクティブなXコントロールや有害なファイルをダウンロードすること、または学校のコンピューターファイルやプログラムを作成または変更すること;

  • わいせつまたは悪意のある言葉、または同級生やNYC Global Centerの従業員に対する嫌がらせ行為(NYC Global Centerは口頭や物理的な虐待に対してゼロトレランスの方針を採用しています);

  • 改訂または補遺として掲示された学校のポリシーのいずれかに違反すること。

  • もしもあなたがこれらを含む受け入れがたい行動のいずれかに従事した場合、学校から退学となる可能性があります。

行動規範

bottom of page